出産時の嫁姑問題~嫁の入院中、お見舞いでうれしい品は?


スポンサーリンク


入院中のお見舞いで、持ってきたいただくととっても嬉しいものは…

いろいろと、「こんな行動、言動を遠慮していただけると、とっても嬉しい」と書きました。
もちろん、そういう”非常識”な行動をする姑舅さんは、世の中には少ないとおもいますが…。

おまけとして、嫁の入院中に、何かお見舞いの品を持っていきたいと思った時に役に立つかなと思うものをあげてみました。
姑さんの世代と、嫁世代では、「入院中に欲しいもの」がちょっと違っていたりするかと思います。
よろしければ参考にしてくださいませ。


・雑誌(病室でほっと一息したときに読みたいです)
育児雑誌「ひよこクラブ」「おはよう赤ちゃん」「赤すぐ」「baby-mo」など。
ファッション雑誌、食べ物雑誌など。
産後は目をあまり使ってはいけないと言われています。
なので、難しい小説などの読みものでなく、ぱらぱらっと簡単に読めるものが良いですね。

・お菓子日持ちするものが良いです。冷蔵庫がない場合を考えて、冷蔵菓子はやめておいたほうが良いかもしれません。
あまり大量でなく、できれば上質のものを少数がうれしいです。
大部屋で入院している場合、その部屋のかたがたに配れるような個数を持って行くのが無難だと思います。
また、甘いものや脂っこいものを産院のほうで控えるように指導していることもあります。
これは、油や過剰な糖分などで乳腺が詰まってしまわないようにという配慮からです。
なので、生クリームたっぷりのケーキなどはちょっと問題があるかもしれませんね。
母乳育児中には乳腺炎という症状を起こすことがあります。これも知識に入れておかれると良いかと思います。
乳腺炎について書いたサイトがありますので、よろしければご一読くださいませ。
乳腺炎についてのサイト
※母乳のつまり、しこりについての体験談や対処法、また、母乳育児のこつなどをのせています。

・ハーブティー
出産で疲れた体を癒すため、ティーバッグ式のハーブティなどは、喜ばれるかと思います。
リプトンのリラックスナイトなどがおすすめだと思います。
また、ママ用のたんぽぽコーヒーなどもあります。これはノンカフェイン。ほっとしたい出産後のママにちょうどよいのではないでしょうか。
上記で説明した乳腺炎のためのハーブティーもあります。

・ペットボトルの水やお茶
授乳が始まると、すごく喉が渇く場合が多いです。
「本やお菓子など色々と買ったのだけれど、これだけのお土産ではちょっと寂しいかしらね」と思ってくださるのであれば、お茶やお水のペットボトルを差し入れると喜ばれるのではないでしょうか。
お茶はカテキンの効果もあり、風邪をひきにくくなりますしね。


このサイトを書籍化して、お姑さんに読んでもらいたい!


遠方から孫の顔を見に来るとき





嫁姑問題解決応援サイトトップページへ戻る

Tweet このページをTwitterで共有する

このページをLINEで送る


inserted by FC2 system