出産時の嫁姑問題~嫁が入院中、息子宅に泊まり込むことについて


スポンサーリンク


出産での入院中、息子宅に泊まり込むことについて

嫁が出産で入院中、「食事を作ってくれる嫁がいないんじゃかわいそうだわ。息子のところへ世話をしにいきたいわ」と思うお姑さんも多いかと思います。でも、実は多くの嫁が、「私がいない間に勝手に部屋に入り、私の布団で眠ったりされるのは、いやだわ」と思っています。

特に、新婚ほやほやのママや、お姑さん宅から遠く離れて住んでいるためにお姑さんと接する期間がまだまだ短いママだと、「他人に、私の城を触られるのはいやだ」と考えてしまうことが多いのではないでしょうか?
極力、息子の世話をしに家に泊まり込むのは避けた方が良いと思います。

「あなたが入院してる間、泊まりに行くからね~」と一方的に決めるのは、遠慮してくださいね。「いやです」と言える嫁は、本当に少ないと思います。いやだと思いながらも「断ったら気を悪くされるだろうな」と気を遣い、「あ…、いいですよ」と言ってしまうもの。
そして、後から「あのときお義母さんが家に来て、キッチンをめちゃくちゃにしていった。ただでさえ産後の忙しいときに!」などとぼやかれては、たまりませんものね。

息子の生活が心配なのはわかります。ですが、今時、コンビニエンスストアや、簡単に安く外食できるお店はたくさんあります。一週間コンビニのお弁当だけを食べていたって、死にやしませんよね。

また、もしも「どうぞ、私が入院している間、泊まりに来てください」と、嫁のほうからお願いがあった場合、勝手に家具を買って置いたり、ソファやテーブルの配置を変更したり、食器棚の中の配置をあからさまに変えてしまったりすることは、どうか控えてくださいね。
夫婦のライフスタイルの価値観を否定することにもなります。
嫁のクローゼットやタンスを覗くなんていうのも、もちろんNG。何はともあれ、息子夫婦の家。それは「嫁の大事な大事な城」でもあるわけですから。


入院中のお見舞いで、持ってきたいただくととっても嬉しいものは…





嫁姑問題解決応援サイトトップページへ戻る

Tweet このページをTwitterで共有する

このページをLINEで送る


inserted by FC2 system