妊娠中の嫁姑問題~妊娠中の体の変化へのコメントはNGかも


スポンサーリンク


妊娠中の体の変化についてコメントしないでほしい

妊娠中は、もちろん太ります。
おなかだけでなく、顔が丸くなったり、腕が太くなったり。そばかすがたくさんできるママもいると思います。

妊娠が順調なのはとてもうれしいことなのですが、女性なら誰しも、太っていくのはあまりうれしくないものではないでしょうか?
それを、

「うわぁ。太ったねぇ」
「おすもうさんみたいだねぇ」

とストレートに言われると、本当に心にぐさっときてしまうことも多いのです。そんなふうに言われて、例え嫁の顔は笑っていても、実は心中穏やかでない場合もよくあることだと思います。
もちろん、「太ったね。妊娠は順調だね」の意味であることはわかるのですが、妊娠中の女性は、ホルモンバランスも崩れていて、ちょっとのことで傷つくことも多いのです。

また、あまり太っていない場合にも、「おなかが、あんまり大きくないね」と言われるのはつらいです。
人によって、おなかのでっぱり具合は全然違ってきます。
もし、妊娠に「なんらかの問題」があるのならば、ちゃんと医師のほうから説明があると思いますので、妊婦のおなかの大きさに関しては、とりあえずあまり触れないで欲しいです。

そうそう。
それから、「(妊娠して胎児の入った)おなかを、断りもなくいきなり撫でる」というのも、いやがる嫁がいるということを知っていただけるとうれしいです。
妊婦のおなかが触りたいわけでなく、その中にいる赤ちゃんを触っているつもりだということはわかります。
でも、だからといって、その行為は結局のところ「おなかを触っている」ことに違いはありませんよね?
特 にお舅さんは気をつけていただきたいと思います。
嫁はお舅さんにおなかを触られても「やめてください」とは言い出しにくいです。
もし、お舅さんが、嫁と会 うたびにおなかを触ったり、または体型について言及するようなことがあれば、どうか、お姑さんは「やめてあげて」と、止めてくださるようにお願いしたいと 思います。

また、「おなかが大きくなるように、たくさん食べて。妊婦は二人分食べなくてはいけないんだよ」と言って、妊婦さんへ多すぎるお料理を出すかたもいるかと思いますが、これもNG。だめですよ。
「妊婦は二人分食べろ」は、食料が豊富でなかった昔の話。今は栄養価の高い食品がたくさんあります。
ほとんどの医師が、「妊娠中はカロリーを取りすぎないように注意」と言っています。カロリーの取りすぎで、妊娠中毒症になったり、産道に脂肪が付いて出産に時間がかかりすぎたりするといったリスクも出てきます。
妊婦である嫁が痩せていても、無理矢理にご飯を食べさせるようなことは避けてくださいね。


性別の希望をしないで





嫁姑問題解決応援サイトトップページへ戻る

Tweet このページをTwitterで共有する

このページをLINEで送る


inserted by FC2 system