妊娠中の嫁姑問題~つわりの時にしてほしいこと


スポンサーリンク


ママがつわりの時にしてほしいことは…
妊娠中、ママの体調はとてもデリケート。
ひどいめまいと、むかつき。買い物にも行けないので、冷蔵庫は空っぽ。
土日に夫に買い出しに行ってもらっても、新鮮なお肉や魚などの生鮮食品はなかなか買いだめできない。
しかも、食べ物のにおいがつらくて、手の込んだお料理はまったくできない。
そんな悲惨な状態のママも少なくありません。

でも、仕事が激務な夫に、栄養のあるものを食べてもらいたい。
育ち盛りの上の子がいる場合には、特にちゃんとご飯を作ってあげたい。
もちろんママ自身も、おなかの赤ちゃんのために質の良い食事をとりたい。

ということで、もしお姑さんが近くに住んでおられるのなら、以下のものなどを差し入れてくださると喜ばれると思います。
なお、事前に

「つわりで大変だと思うけれど、どんなものが食べられる? 買い物に行けていないだろうけれど、どんなものが足りていない?」

と電話で訊いてくださると、いっそう喜ばれるのではないでしょうか?


・日持ちするフルーツ
りんご、なし、みかん、グレープフルーツなど。

・すぐ食べられるおかず
使い捨て容器に入れてあるとうれしいです。洗う手間が省けます。
ぜひ塩分控えめで。とりわけ妊婦は、塩分のとりすぎはよくないとされています。
また、油のにおいがつらいので、天ぷらやとんかつなどが作れないママも多いです。
脂っこいおかずを持ってきていただくと、夫や子どもが喜ぶかも!
でも、脂っこいものばかり差し入れていただくと、「私の食べられるものは、あまり考えてくださっていないのかしら…」と寂しくなるので、ご配慮いただけるとうれしいです。

・レンジでチンする真空パック米などのレトルト食品
つわりの時、お米の炊きあがるにおいがダメなママも多いです。
レンジで加熱するタイプの真空パック米は、においをあまり嗅がなくてすむので便利です。

・即席タイプのおみそ汁
おみそ汁を作る体力がないときに大助かり。

・冷凍食品
今ではいろんな冷凍食品があります。お弁当用だけではなく、食卓に出す「おかずタイプのもの」も売っています。ちょっとした食事の足しになるような冷凍食品だとうれしいです。

・乾麺
保存がききます。夏ならば、そうめんなど。
パスタやうどんは冬場でもおいしく食べられますよね。
パスタのソースもレトルトで売っているので、それも一緒にいただけるとすごくうれしいです。

・ゼリー
のどごしがよくて、これならつわりの真っ最中でもOKというママも多いです。
または、栄養補助剤(ゼリー状の栄養補助食品。ビタミン入りのものなど、たくさんあります)のゼリーなども良いかもしれません。

・ちょっとしたおもちゃ、お菓子
上の子がいる場合に。
つわりの真っ最中などは、なかなか外出しておもちゃを買いに行けないので、うれしいです。


また、嫁が律儀な性格の女性だった場合、「つわりで大変でしょうからお手伝いにいくわ」と言われるのはつらい場合があります。
つわりで吐きそうな妊娠中の体にむち打って、部屋を片づけようとする嫁もいるのではないでしょうか?
床は埃だらけ。台所だって、(普段はきちんと掃除しているかもしれませんが)油汚れでギトギト状態かも。冷蔵庫はぐちゃぐちゃかも。
そんなところをお姑さんに見せたくない嫁が多いと思うのです。

「掃除してない? そんなこと気にしなくていいのに」
とお姑さんから言われても、
「そうね。気にしない!」
となかなか思えないのではないでしょうか?
なので、嫁にもよるのでしょうが、できるならば、

・見舞いに行くときは連絡をしてから
・見舞い品は玄関先で渡す(「玄関先で渡すからね」ということは、前もって伝える)
・見舞い品が腐るものでない場合、出来るだけ息子に託す


ということをしていただけると、マタニティママはとてもうれしいのではないでしょうか。


育児用品はお古がいやなママが多いです。






嫁姑問題解決応援サイトトップページへ戻る

Tweet このページをTwitterで共有する

このページをLINEで送る


inserted by FC2 system