このサイトは移転しました。
自動的に新しいサイトを表示します。

嫁姑問題:息子夫婦が帰省


スポンサーリンク


・夫の実家へ帰省時。嫁姑問題は起こりやすい

年末年始・ゴールデンウィーク・お盆の時期になると、はるばる遠くから、息子夫婦が帰省してくるご家庭も多いと思います。
きっと、お姑さんお舅さんは、しばらくぶりに見る息子や嫁、赤ちゃんがいればその成長ぶりを楽しみにされているのではないでしょうか。

でも、帰省の時にこそ、嫁姑問題は起こりやすいと思います。

例 え、愛し合い結婚した夫婦同士であっても、小さな価値観の違いから、いろいろとぶつかり合うことがあります。夫婦とはいえ、長年違う家庭で育ってきたので すから、違う価値観を持っていて当たり前ですものね。そんな時、夫婦の多くは、時間をかけて互いの持つ異なった価値観について何度も話し合い、すりあわ せ、時にはお互いが妥協をしながら、問題を乗り越えて行きます。

ですが、お姑さんお舅さんと嫁の関係はどうでしょう?
確かに、お 姑さんお舅さんとは、義理とはいえ家族となりました。でも、まだまだお互いの持っている価値観のすりあわせは出来ていないはず。普段、あまり接する機会が なければ、なおのことですよね。やはり、帰省時に長時間同じ空間に嫁とお姑さんお舅さんがいると、大なり小なり問題は出てくるものだと思うのです。

ま た、「息子はともかく、お嫁さんとどういった話をすればいいのかしら? 何を食事に出せばいいのかしら? どういうことをしてほしいと思っているのかし ら?」「赤ちゃんを連れてくるけれど、何をすればいいのかしら?」と、少し悩むお姑さんもいらっしゃるのではないでしょうか? 日本人的奥ゆかしさから、 なかなかお互いに「こうしてほしい」「これがいやなの」とは言えませんよね。嫁としては、人生の先輩であるお姑さんには、なおさらそういったことは言い出 しにくいものです。

その結果、必要のない「すれ違い」「認識の小さな違い」「小さな不満」が生まれてしまって、残念ないざこざに発展するなどといったことにもなりかねません。

きっと、お姑さんも、嫁に対してモヤモヤを感じておられるかたもたくさんいるかと思います。

「こんなふうにしていただけたら、うれしいと思う嫁が多い」「実は、こういことは、嫁にとってあまりうれしい行為ではない」というのを、少し紹介してみたいと思います。
もちろん、これから書くことが、全て「嫁が喜ぶこと」「嫁が嫌がること」とは言えないとは思います。
「へぇ、こういうことを思っているママもいるんだな」という程度にあらかじめ知っていただいて、少しでも誤解や小さなすれ違いが無くなればと思います。


嫁はこうしてもらえたら、うれしいなぁ





嫁姑問題解決応援サイトトップページへ戻る

Tweet このページをTwitterで共有する

このページをLINEで送る



inserted by FC2 system