嫁姑問題における振る舞い注意点~風邪気味の時の訪問


スポンサーリンク


・風邪気味の時は遠慮してくださいね

お姑さんお舅さん自身が風邪をひいている場合も、どうか息子宅訪問を遠慮してください。
初めての子育てにおいて、赤ちゃんが風邪をひくことほど、母親が恐れていることはありません。もしも、過去に、赤ちゃんが風邪で高熱などをだして大変な目にあった経験があるならば、なおさらです。
冗談を抜きにして「赤ちゃんの命」に関わることです。どうしてもここは「それくらい、いいじゃない」で済むことではないのです。

「どうしても見たいわ」と思う気持ちは痛いほどわかるのです。ですが、もしもお姑さん達が、ゴホゴホと咳をしながらやってこられたのなら、嫁はいい顔できません。どうか、風邪を治してから、ゆっくりいらしてください。
それでも、軽い咳が出る程度で、どうしてもその日しか赤ちゃんを見に行けない場合、ちゃんとマスクをしてくださいね。
そして、どうか嫁に「風邪をひいていてごめんね。どうしても来たかったの。うつさないようにするから」と一言声をかけてやって欲しいです。


・夫の実家へ帰省時。嫁姑問題は起こりやすい





嫁姑問題解決応援サイトトップページへ戻る

Tweet このページをTwitterで共有する

このページをLINEで送る


inserted by FC2 system