このサイトは移転しました。
自動的に新しいサイトを表示します。

嫁姑問題における振る舞い注意点~アポ無し訪問

・アポなし訪問はだめ。必ず”いついつ行きたいのだけれど”と前もって告げてください。

電話もなにもなしに、いきなり玄関のベルをピンポーン。この行為は、いわゆる「アポなし訪問」と呼ばれています。
※アポとはアポイントメント(予約)の略。

実はこれ、多くの嫁からものすごくいやがられる行動なのです。

「前もって電話すると、気を遣われるから」
「そんな、気を遣うような関係じゃないじゃない。もう家族同然」
「突然行ってみて、嫁がいれば会うし、いなければ会わない。そんな軽いのりで来たから、前もって連絡しなかったの」

こうおっしゃるお姑さんもおられるかもしれません。
しかしながら、嫁は「ありがたい」「うれしい」とは思わないと考えたほうがよいかと思います。
要するに嫁は、「お義母さん、私が気を遣うといけないから、電話をよこさずにいきなり家に来たのね。うれしいわ」と、思わないことが多いということです。

お姑さんと嫁の関係が、まだ浅いうちは特にそうだと思います。
「突然訪問して、家族同様な感じを作れば、他人行儀な息子の嫁も打ち解けてくれるかも」という期待をされているお姑さんがおられるならば、残念ながら、逆効果になるのではないでしょうか。

「今から昼寝しよう(赤ちゃんがいるママは、常時睡眠不足なことが多いです)」と思っていた嫁は、どう思うでしょうか?
「今からお買い物いかなくちゃ」と思っていた嫁は、どう思うでしょうか?

今 日お買い物に行っておかなければ、明日は雨が降るので絶対に行けない。今からご飯をつくらなければ、赤ちゃんの昼寝の時間にかかってしまう。今から花壇に 水をまいておかないと、夜になってしまう。今、自分が昼寝をしておかないと、二日連続で夜泣きで徹夜になってしまって身が持たないかも。
そんなふ うに、特に低月齢の赤ちゃんのママは、一日のスケジュール・一週間のスケジュールがぎっちりなのです。一見暇そうに見えるかもしれませんが、赤ちゃん中心 の生活というのは、「しなくてはいけないこと」がたくさんあり、それを「出来る時間帯」がかなり限られているのです。

でも、せっかく来られたお姑さんを、「今日は無理です。おうちに上がっていただくことや、お姑さんのお相手をすることは出来ません」と、言えますでしょうか?
やはり言えないのです。
だからこそ、連絡をしてから来て欲しいのです。

世の中のお姑さん、年頃の息子さんの部屋をノックなしにいきなり開けたら、息子に怒られませんでしたか?
いくら実の子だといえども、息子・娘の部屋に入ってくつろいだり、部屋の中をじーっと覗いてみたりすると、いやがられたりしませんでしたか?
その感覚と似ているような気がします。

ま た、いらっしゃる時も、「伺いたいのだけれど、何日が良いかしら?」と訊いてくださいませ。都合も訊かずに、「●日に行くことにしたから」と決定してから 伝えてこられても、ママにも都合がありますし、「私側の事を軽視していらっしゃるのかしら…。余り考えてくださっていないのかしら」と悲しくなります。
そうそう。訊くときはぜひ嫁にも訊いてくださいませ。夫である息子は、あまりママや赤ちゃんの状態、スケジュールを気にせずに、「あぁ。いいよー」と気楽に返事してしまうことが多いですので…。

息子宅とはいえ、半分は嫁宅。
ぜひ、連絡もせずいきなり訪問するのは、どうかやめてくださいませ。


・家に到着するちょっと前に、電話で、「あと●分くらいで着くからね」

inserted by FC2 system